コラム

花粉症の季節! 上手に花粉症対策をして乗り切ろう!

2月から4月までスギ花粉、3月から5月末まではヒノキ花粉が飛び続けます。
現在、日本人の4人に1人は花粉症と言われ、その数はだんだん増加しています。今年は、例年より飛散量が多いと言われており、つらい思いをされている方も多いと予想されます。上手に対策をしてこの季節を乗り切りましょう。

生活習慣の見直し
注意するポイントは口呼吸、お腹の健康、睡眠不足
① 『口呼吸』ガムで唾液UP!
食生活の変化で食べ物をかむ回数が減るなど口呼吸の人が増えていると言われています。口呼吸をすることで口腔内が乾燥して唾液が少なくなり、免疫機能が低下します。おすすめはガムなどをかむことで唾液の分泌が多くなり、自然と鼻呼吸ができるようになります。
② 『お腹の健康』発酵食品で免疫力UP!
腸には免疫細胞の約6割が集中しており、お腹の健康は体の健康といっても過言ではありません。おすすめはヨーグルト、キムチなどの発酵食品、リンゴに含まれている「ペクチン」も免疫力を高めるといわれています。
③ 『睡眠不足』充実バスタイムで心と体のバランスを整えよう!
睡眠不足はホルモンバランス、自律神経のバランスをくるわせます。ぬるま湯にゆっくりつかるなどリラックスした状態で睡眠をとりましょう。

花粉症対策
・花粉の侵入を防ぐ
 基本は花粉の侵入を防ぐこと。コーグルタイプのメガネ、立体型のマスクの着用、布団、洗濯物は室内干し、家に入る前に花粉を払い落とす、空気清浄機を利用する等の対策があります。
・治療
花粉症の治療では抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬がよく使われます。近年は眠気の副作用の少ない薬剤も多く出ています。医師・薬剤師と相談して自分にあった薬剤をみつけましょう。

近年ではアレルゲン療法という治療法もあり、根本的な体質改善を目的とした治療法も確立しております。アール薬局の近隣クリニックにおいても治療されている方がたくさんいらっしゃいます。詳しく知りたい方はいつでもご連絡ください。

アール薬局 香芝店 稲田憲亮
PAGE TOP