その他事業部の紹介

飲食事業部

「医食同源」という言葉があります。

私たちL・C・Rも医(薬)も食(食物)も源は同じだと考えます。
薬は健康を保っていく上で毎日の食べ物と同じ様に大切であり、食べ物は、薬を飲むと同じ様に心身を健やかにしてくれるものです。
L・C・Rも永く医(薬)に携わって参りました。その実績・経験を今度は「食」の分野で活かし皆様に少しでも貢献できればと考えております。

オーガニックレストラン、薬膳料理店、果実ドリンクバーなど、
医と食、両方の観点からプロフェッショナル・アドバイスができる事が、L・C・Rの目指すところです。

経営、社員教育研究部

それぞれの分野で “プロ”を目指していく上で、スキルは当然必要なものではありますが、
それ以前に一番大切なものがあります。

それは、“人間学”です。

「人間としてどうあるべきか」「社会人としてどうあるべきか」を教育します。

* ご相談、ご質問がございましたら、お気軽に当社までお電話下さい(担当:金森)

その他事業部

文化事業部 L・C・Rは、地域密着型の薬局として、皆様の医療に貢献すると同時に、 さまざまな文化事業にも積極的な参加をしています。
今後も女性や子供、高齢者を対象に、医療・健康・予防・食などをテーマとした講演会や イベントを実行し、地域の皆様に少しでもお役に立てる様にと考えております。
地域社会が私たちに何を求めているかを常に考えております。

医学・薬学・保険衛生学 情報発信部

注目されている病気や地域の方々の関心がある病気について、
専門の先生方をお招きし、講演会をして頂きました。

  • ・頭痛とめまいについて
  • ・更年期障害について
  • ・痴呆のはなし
  • ・アトピー性皮膚炎の治療
  • ・子供に多い耳鼻科疾患

乳幼児教育 情報発信部

地域住民を中心とし、香芝市でアール薬局主催講演会を実施。
加藤啓子先生をお招きし、絵本の楽しさ、子どもと一緒に読む楽しさを教えて頂きました。
小さいお子様がおられるママ、パパだけでなく、おばあちゃん、おじいちゃんも来られていました。
絵本の可能性を再確認しきっと何かをつかんで帰って頂けたと思っております。
参加者から「とても感動しました」の声が多く、とても喜んで頂きました。

ママさんパパさんの絵本のよみかた 楽しみかた

加藤 啓子(絵本あれこれ研究家)
旭ヶ丘クリニック2Fフロアー

食物・食品・栄養学 情報発信部

今私たち薬局にとって、病気にならないためにどうするのかという、「予防医学」の役割が強くなってきました。それには、栄養士の力が必要になります。食事面(糖尿病患者や透析患者、高齢者の方の食事アドバイス)からのサポートが中心になりますが、薬剤と食品・サプリメントの組み合わせの問題など、薬剤師との連携も必須です。また、季節ごとのホームページやレシピ資料などの媒体情報を利用し、食物、食品、栄養学の観点から情報を発信しております。

PAGE TOP